Top
メニュー
  • HOME
  • 新着情報
  • ご利用の流れ
  • 体験プログラム
  • ブログ
  • イベントカレンダー
  • アクセス
  • 会社概要
池田町農村体験プログラム - IKEDA farm village experience program !

Weblog

2017年12月17日(日)みそづくり教室

2017/12/21(木)

今日は池田町の開発センターで「みそづくり教室」が開催され、地元で創業115年の湯本味噌(株)さんに味噌の作り方を教えて頂きました。

雪が降り積もる中にも関わらず、町外から定員いっぱいの15名の方にご参加頂きました。

まずは、お鍋の中に茹でた大豆を入れ、すりこ木でつぶします。もちろん、大豆は池田町産です。

まず大豆をつぶします

大豆が良く潰れたら塩と米麹を投入し、手でよくかき混ぜます。米麹ももちろん池田町産コシヒカリを使用。

塩と米麹を入れ、よくかき混ぜます。

良く捏ねたらボール状に丸め、ハンバーグを作る要領で空気を抜きます。

ボール状に丸め、空気を抜きます。

最後、樽に詰めて、カビ防止用に表面に軽く塩を敷いたら出来上がりです。

最後、樽に詰めます。

今回仕込んだお味噌が熟成し、食べごろになるのは約1年後。

どんな味になるかイメージしてもらうために、湯本味噌さんの味噌や米麹を使った特製ランチをみんなで食べました。

最後はみんなで特製ランチ

寒い時期にしか仕込めない味噌づくりですが、次回は3月初旬に予定しております。

今日は池田町の開発センターで「みそづくり教室」が開催され、地元で創業115年の湯本味噌(株)さんに味噌の作り方を教えて頂きました。

雪が降り積もる中にも関わらず、町外から定員いっぱいの15名の方にご参加頂きました。

まずは、お鍋の中に茹でた大豆を入れ、すりこ木でつぶします。もちろん、大豆は池田町産です。

まず大豆をつぶします

大豆が良く潰れたら塩と米麹を投入し、手でよくかき混ぜます。米麹ももちろん池田町産コシヒカリを使用。

塩と米麹を入れ、よくかき混ぜます。

良く捏ねたらボール状に丸め、ハンバーグを作る要領で空気を抜きます。

ボール状に丸め、空気を抜きます。

最後、樽に詰めて、カビ防止用に表面に軽く塩を敷いたら出来上がりです。

最後、樽に詰めます。

今回仕込んだお味噌が熟成し、食べごろになるのは約1年後。

どんな味になるかイメージしてもらうために、湯本味噌さんの味噌や米麹を使った特製ランチをみんなで食べました。

最後はみんなで特製ランチ

寒い時期にしか仕込めない味噌づくりですが、次回は3月初旬に予定しております。

2017年12月3日(日)おこもじ作り教室

2017/12/6(水)

今日は池田町の「おこもじ屋」さんで、「おこもじ作り教室」を行いました。

「おこもじ」とは池田弁で「漬物」のことで、今回は今が旬の大根を使って「たくあん」を漬けました。

まずは、はさがけにし干しておいた大根をコンテナに移し、大根の葉っぱと先っぽを落とします。

たくあんに使用する大根は、スーパーで売っているものと品種が違い、農家さんに特別に発注した細いものを使用します。

落とした葉っぱは捨てずに、後で利用します。

次に、ぬかと塩、砂糖、唐辛子の分量を量り、かき混ぜて、ぬか床を作ります。(分量は参加者だけの秘密です。)

いよいよここからが本番。樽に糠と大根を交互に敷き詰めます。

大根を隙間なく並べるのは意外に難しく、パズルみたいで、参加した子供たちも楽しそうに並べていました。

最後に、先ほど切り落とした葉っぱを上に敷き詰めて、塩を振りかけて出来上がりです。

こうすると葉っぱから味が染み出し、美味しくなるそうです。(柿の皮を入れても、甘くなり美味しいとか。)

この後、蓋をして、重石をのせて3~4日ほど経つと、水が上がってきて1~2か月ほでたくあんが出来あがります。

ちなみに今回漬けたあくあんは「おこもじ屋」さんで保管してもらい、漬かったら真空パックで自宅まで郵送してくれます。

到着は1月半ば頃になる予定で、来年の食卓が今から楽しみです。

今日は池田町の「おこもじ屋」さんで、「おこもじ作り教室」を行いました。

「おこもじ」とは池田弁で「漬物」のことで、今回は今が旬の大根を使って「たくあん」を漬けました。

まずは、はさがけにし干しておいた大根をコンテナに移し、大根の葉っぱと先っぽを落とします。

たくあんに使用する大根は、スーパーで売っているものと品種が違い、農家さんに特別に発注した細いものを使用します。

落とした葉っぱは捨てずに、後で利用します。

次に、ぬかと塩、砂糖、唐辛子の分量を量り、かき混ぜて、ぬか床を作ります。(分量は参加者だけの秘密です。)

いよいよここからが本番。樽に糠と大根を交互に敷き詰めます。

大根を隙間なく並べるのは意外に難しく、パズルみたいで、参加した子供たちも楽しそうに並べていました。

最後に、先ほど切り落とした葉っぱを上に敷き詰めて、塩を振りかけて出来上がりです。

こうすると葉っぱから味が染み出し、美味しくなるそうです。(柿の皮を入れても、甘くなり美味しいとか。)

この後、蓋をして、重石をのせて3~4日ほど経つと、水が上がってきて1~2か月ほでたくあんが出来あがります。

ちなみに今回漬けたあくあんは「おこもじ屋」さんで保管してもらい、漬かったら真空パックで自宅まで郵送してくれます。

到着は1月半ば頃になる予定で、来年の食卓が今から楽しみです。

2017年11月26日(日)薪割り&たき火体験

2017/11/28(火)

今年の秋は週末になると天気が崩れ、屋外のイベントが中止続きでしたが、11月最後の週にようやく「薪割り&たき火体験」を開催することができました。

しかし天気予報が曇りや雨マークばかりで、週の半ばには雪が積もったこともあり、この日はご夫婦1組だけの参加となりました。

まずは、地元の「いけだ薪の会」の講師の方の指導のもと、薪割りに挑戦!

お二人とも初めての薪割りということでしたが、旦那さんの方は見事に斧を木の真ん中にジャストミートさせ、次々に薪を割っていました。

奥さんの方は少し腰が引けていましたが、それでも最後の方は何とか柔らかい杉は割れるようになっていました。

続いては、予め乾燥させておいた薪を使って、たき火の火起こしに挑戦。

小さな手斧で細い木っ端を作り、枯れた杉の葉などを着火剤代わりに使って、マッチから火を起こしました。

前日雨が降ったこともあり、薪も杉の葉も少し湿っていて、白い煙が上がるだけでなかなか炎が上がりませんでしたが、丁寧に風を送ること約15分。

見事大きな薪に火を起こすことに成功しました。(←意外と難しいです。)

たき火を囲んで暖を取った後、薪がある程度熾火(おきび)になったところで、いよいよお待ちかねのおやつ作りです。

本日のメニューは「安寧芋の焼き芋」、「焼きバナナ」、「焼きマシュマロ」、「フルーツグラタン」の4つで、これもお客様に手伝ってもらいながら一緒に手作りしました。

どれも甘くて美味しかったのですが、一番のヒットは「フルーツグラタン」で、プリンの素を使って簡単に熱々のフルーツ入り焼きプリンを作りました。

バナナはもちろんですが、イチゴも火を通すと甘みが増して、イチゴジャムみたいで美味しいんです。これを少し炙ったバゲットにつけて食べると、コーヒーのお供に最高です。

ちなみにメニューは季節によって変わります。

薪割り&たき火体験は冬季はお休みとなりますが、来年の春は何を作ろうか、今から楽しみです。

今年の秋は週末になると天気が崩れ、屋外のイベントが中止続きでしたが、11月最後の週にようやく「薪割り&たき火体験」を開催することができました。

しかし天気予報が曇りや雨マークばかりで、週の半ばには雪が積もったこともあり、この日はご夫婦1組だけの参加となりました。

まずは、地元の「いけだ薪の会」の講師の方の指導のもと、薪割りに挑戦!

お二人とも初めての薪割りということでしたが、旦那さんの方は見事に斧を木の真ん中にジャストミートさせ、次々に薪を割っていました。

奥さんの方は少し腰が引けていましたが、それでも最後の方は何とか柔らかい杉は割れるようになっていました。

続いては、予め乾燥させておいた薪を使って、たき火の火起こしに挑戦。

小さな手斧で細い木っ端を作り、枯れた杉の葉などを着火剤代わりに使って、マッチから火を起こしました。

前日雨が降ったこともあり、薪も杉の葉も少し湿っていて、白い煙が上がるだけでなかなか炎が上がりませんでしたが、丁寧に風を送ること約15分。

見事大きな薪に火を起こすことに成功しました。(←意外と難しいです。)

たき火を囲んで暖を取った後、薪がある程度熾火(おきび)になったところで、いよいよお待ちかねのおやつ作りです。

本日のメニューは「安寧芋の焼き芋」、「焼きバナナ」、「焼きマシュマロ」、「フルーツグラタン」の4つで、これもお客様に手伝ってもらいながら一緒に手作りしました。

どれも甘くて美味しかったのですが、一番のヒットは「フルーツグラタン」で、プリンの素を使って簡単に熱々のフルーツ入り焼きプリンを作りました。

バナナはもちろんですが、イチゴも火を通すと甘みが増して、イチゴジャムみたいで美味しいんです。これを少し炙ったバゲットにつけて食べると、コーヒーのお供に最高です。

ちなみにメニューは季節によって変わります。

薪割り&たき火体験は冬季はお休みとなりますが、来年の春は何を作ろうか、今から楽しみです。

2017年10月25日(水)至民中学校が校外学習に

2017/11/3(金)

今日は福井市の至民中学校の1年生が、校外学習で池田町を訪れてくれました。

123名の生徒さんたちが、7つのグループに分かれ、「薪割り」、「ネイチャーゲーム」、「そば打ち」、「こんにゃくづくり」、「木工クラフト」、「しめ縄づくり」、「森と川の遊歩道ウォーキング」を体験しました。

遊歩道ウォーキング

あいにくの天気で、遊歩道ウォーキングのグループはレインコートを着ての散策となりましたが、かずら橋では元気いっぱい楽しんでくれました。

そば打ち体験

そば打ちは職人さんの手ほどきを受けながら、3人1組で挑戦。上手に打った後は、おろし蕎麦にして美味しく召し上がっていました。

しめ縄づくり

しめ縄づくりは少し苦戦した模様で、講師のおばあちゃんがみんなのしめ縄を繕うのにフル回転していました。

 

その後は、全員でツリーピクニックアドベンチャーいけだのBBQハウスでカレーを作り、自然の中での昼食を満喫していました。

今度は天気の良い日に、ぜひ家族や友人たちを連れて、もう一度池田町を訪れて頂きたいです。

今日は福井市の至民中学校の1年生が、校外学習で池田町を訪れてくれました。

123名の生徒さんたちが、7つのグループに分かれ、「薪割り」、「ネイチャーゲーム」、「そば打ち」、「こんにゃくづくり」、「木工クラフト」、「しめ縄づくり」、「森と川の遊歩道ウォーキング」を体験しました。

遊歩道ウォーキング

あいにくの天気で、遊歩道ウォーキングのグループはレインコートを着ての散策となりましたが、かずら橋では元気いっぱい楽しんでくれました。

そば打ち体験

そば打ちは職人さんの手ほどきを受けながら、3人1組で挑戦。上手に打った後は、おろし蕎麦にして美味しく召し上がっていました。

しめ縄づくり

しめ縄づくりは少し苦戦した模様で、講師のおばあちゃんがみんなのしめ縄を繕うのにフル回転していました。

 

その後は、全員でツリーピクニックアドベンチャーいけだのBBQハウスでカレーを作り、自然の中での昼食を満喫していました。

今度は天気の良い日に、ぜひ家族や友人たちを連れて、もう一度池田町を訪れて頂きたいです。

2017年10月22日(日)しめ縄づくり

2017/10/26(木)

今日は水海のしめ縄会館で「しめ縄づくり」体験を行いました。

この日は台風21号が接近し、なおかつ衆議院選挙が重なるというイベントには厳しい条件の中、7名の方が参加して下さり、ゴボウ締めと呼ばれる神棚用のしめ縄飾りを作りました。

縄綯えの様子

まずは1本に束ねた稲わらを3つに等分し、そのうちの2つを手のひらを使って縄にしていきます。

最初はなかなかよじることが出来ずに悪戦苦闘していましたが、講師のおばあちゃんの手ほどきを受け、15分くらいで皆さんよじれるようになっていました。

次に残った一本をねじりながら先ほどよじったものに巻き付けて編んでいきます。

これもコツと鍛錬が必要で最初は苦戦してましたが、これも15分くらいで皆さんマスターしておりました。

紙垂

中心となる縄が綯えたら、今度はそこに足と呼ばれる前垂れと紙垂を付けていきます。

しめ縄飾り

最後に袋に入れたら完成で、皆さん売り物にしてもおかしくないような立派なしめ縄飾りを作っていました。

輪締め

上手になればなるほど面白くなり、やめれなくなるのがしめ縄づくりで、この日は20分ほど延長し、輪締めにも挑戦している方もいました。

本日、水海のしめ縄会館で「しめ縄づくり」体験を行いました。

この日は台風21号が接近し、なおかつ衆議院選挙が重なるというイベントには厳しい条件の中、7名の方が参加して下さり、ゴボウ締めと呼ばれる神棚用のしめ縄飾りを作りました。

縄綯えの様子

まずは1本に束ねた稲わらを3つに等分し、そのうちの2つを手のひらを使って縄にしていきます。

最初はなかなかよじることが出来ずに悪戦苦闘していましたが、講師のおばあちゃんの手ほどきを受け、15分くらいで皆さんよじれるようになっていました。

次に残った一本をねじりながら先ほどよじったものに巻き付けて編んでいきます。

これもコツと鍛錬が必要で最初は苦戦してましたが、これも15分くらいで皆さんマスターしておりました。

紙垂

中心となる縄が綯えたら、今度はそこに足と呼ばれる前垂れと紙垂を付けていきます。

しめ縄飾り

最後に袋に入れたら完成で、皆さん売り物にしてもおかしくないような立派なしめ縄飾りを作っていました。

輪締め

上手になればなるほど面白くなり、やめれなくなるのがしめ縄づくりで、この日は20分ほど延長し、輪締めにも挑戦している方もいました。

2017年8月19日(土)こどもお宝探検隊

2017/9/1(金)

本日、池田町で北陸コカ・コーラボトリング㈱および福井テレビ主催の「こどもお宝探検隊」が開催されました。

福井県内の小学生の親子31組63名が参加して下さいました。

こどもお宝探検隊

コカ・コーラさんのイベントと言うことで「水」がテーマになっていたので、2班に分かれ「魚見川の水源調査」と「水辺の生き物調査」を行いました。

(下の写真は水源付近での沢登りの様子)

魚見川水源調査

昼食は、青空のもと農村de合宿キャンプセンターのグラウンドでバーベキューを堪能。池田町産の猪串も味わって頂きました。

最後は、池田町が見渡せる小高い丘の斜面に、秋の紅葉を期待してみんなでモミジを植林しました。

植林

植林親子

別れ際に『毎年見に来ます』と言ってくれた女の子の言葉が印象的でした。

大きくなるまで枯らさないようにちゃんと管理しようと思います。

 

本日、池田町で北陸コカ・コーラボトリング㈱および福井テレビ主催の「こどもお宝探検隊」が開催されました。

福井県内の小学生の親子31組63名が参加して下さいました。

こどもお宝探検隊

コカ・コーラさんのイベントと言うことで「水」がテーマになっていたので、2班に分かれ「魚見川の水源調査」と「水辺の生き物調査」を行いました。

(下の写真は水源付近での沢登りの様子)

魚見川水源調査

昼食は、青空のもと農村de合宿キャンプセンターのグラウンドでバーベキューを堪能。池田町産の猪串も味わって頂きました。

最後は、池田町が見渡せる小高い丘の斜面に、秋の紅葉を期待してみんなでモミジを植林しました。

植林

植林親子

別れ際に『毎年見に来ます』と言ってくれた女の子の言葉が印象的でした。

大きくなるまで枯らさないようにちゃんと管理しようと思います。

2017年8月5日(土)こんにゃくづくり

2017/8/15(火)

本日は、福井市内の子供会さんが「魚見手作りこんにゃく道場」へ、こんにゃく作りに挑戦しに来て下さいました。

最初は手にくっついて気持ち悪いと言ってました(子供は正直)が、次第にこんにゃくらしくなってくると笑顔も増え、枠に入れて形成する段階では真剣な顔つきになっていました。

作りたてのこんにゃくの試食も、普段食べているこんにゃくとはひと味違うらしく、ぺろりと平らげていました。

こんにゃく好きが増えるといいなあ~。

 

 

 

本日は、福井市内の子供会さんが「魚見手作りこんにゃく道場」へ、こんにゃく作りに挑戦しに来て下さいました。

最初は手にくっついて気持ち悪いと言ってました(子供は正直)が、次第にこんにゃくらしくなってくると笑顔も増え、枠に入れて形成する段階では真剣な顔つきになっていました。

作りたてのこんにゃくの試食も、普段食べているこんにゃくとはひと味違うらしく、ぺろりと平らげていました。

こんにゃく好きが増えるといいなあ~。

2017年7月8日(土)エコキャンドル作り

2017/7/24(月)

本日は、福井工業大学の学生さん10数名が、エコキャンドル作りに参加して頂きました。

最初は池田町の住民スタッフの説明を聞きながら、おぼつかない様子でしたが、要領を得てからはスピードアップ。

エコキャンドル作り1

午前中だけで7,000個近く作り上げてしまいました。

エコキャンドル作り2

おかげでこの日目標の10,000個のエコキャンドルも早々に作り上げることができ、本当に助かりました。

エコキャンドル作り3

終わる頃には池田町の住民の方とも打ち解けた様子で、9月23日(祝)に行われる「いけだエコキャンドル2017」にもボランティアスタッフとして参加して頂けることが決定しました。

池田町住民ともども、また会えることを楽しみにしております。

 

 

 

本日は、福井工業大学の学生さん10数名が、エコキャンドル作りに参加して頂きました。

最初は池田町の住民スタッフの説明を聞きながら、おぼつかない様子でしたが、要領を得てからはスピードアップ。

エコキャンドル作り1

午前中だけで7,000個近く作り上げてしまいました。

エコキャンドル作り2

おかげでこの日目標の10,000個のエコキャンドルも早々に作り上げることができ、本当に助かりました。

エコキャンルド作り3

終わる頃には池田町の住民の方とも打ち解けた様子で、9月23日(祝)に行われる「いけだエコキャンドル2017」にもボランティアスタッフとして参加して頂けることが決定しました。

池田町住民ともども、また会えることを楽しみにしております。

2017年6月24日(土)ほたる観賞会

2017/7/3(月)

 

今日は、星の観察会を行う予定でしたが、あいにくの曇り空だったため、お客様の同意のもと「ほたる観賞会」を行いました。

真っ暗な田舎の農道を懐中電灯を片手に20分ほど歩き、東俣川という川でゲンジボタルの観察を行いました。

今年は例年よりも1週間ほどホタルの発生が遅く、今週末がちょうどピークとなりました。

無数のゲンジボタルがシンクロしながら光っている様子は感動ものでした。

 

 

 

今日は、星の観察会を行う予定でしたが、あいにくの曇り空だったため、お客様の同意のもと「ほたる観賞会」を行いました。

真っ暗な田舎の農道を懐中電灯を片手に20分ほど歩き、東俣川という川でゲンジボタルの観察を行いました。

今年は例年よりも1週間ほどホタルの発生が遅く、今週末がちょうどピークとなりました。

無数のゲンジボタルがシンクロしながら光っている様子は感動ものでした。

2017年5月7日(日) 朴葉飯つくり

2017/5/7(日)

今日は、池田町清水谷にあるビオトープで、朴葉飯づくりを行いました。
地元ガイドさんに教わりながら、山でホオノキの葉を採取し、洗って乾燥させた後、砂糖・塩・きなこを混ぜたものに、ごはんを載せて、朴葉で包みました。

ごはんに朴葉の香りが移るまでの間、ワラビやミズブキなどの山菜を採りに行き、調理して、朴葉飯と一緒に食べました。
まだ朴葉が小さかったのですが、その分柔らかくて香りも良く馴染み、美味しい朴葉飯が出来上がりました。

<本日の献立>
朴葉飯、ワラビ入りサラダ、山ウドのきんぴら、ワラビのおひたし、味噌汁(ミズブキ、モミジガサ)、ゼンマイの煮物

 

今日は、池田町清水谷にあるビオトープで、朴葉飯づくりを行いました。
地元ガイドさんに教わりながら、山でホオノキの葉を採取し、洗って乾燥させた後、砂糖・塩・きなこを混ぜたものに、ごはんを載せて、朴葉で包みました。

ごはんに朴葉の香りが移るまでの間、ワラビやミズブキなどの山菜を採りに行き、調理して、朴葉飯と一緒に食べました。
まだ朴葉が小さかったのですが、その分柔らかくて香りも良く馴染み、美味しい朴葉飯が出来上がりました。

<本日の献立>
朴葉飯、ワラビ入りサラダ、山ウドのきんぴら、ワラビのおひたし、味噌汁(ミズブキ、モミジガサ)、ゼンマイの煮物

 

TEL:0778-44-8060
FAX:0778-44-8041
〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷36−25−1
E-mail :
© copyright 2018 Ikeda Noson Kanko Kyokai. all rights reserved.
powered by cheltenham software