Top
メニュー
  • HOME
  • 新着情報
  • ご利用の流れ
  • 体験プログラム
  • ブログ
  • イベントカレンダー
  • アクセス
  • 会社概要
池田町農村体験プログラム - IKEDA farm village experience program !

Weblog

2017年11月26日(日)薪割り&たき火体験

2017/11/28(火)

今年の秋は週末になると天気が崩れ、屋外のイベントが中止続きでしたが、11月最後の週にようやく「薪割り&たき火体験」を開催することができました。

しかし天気予報が曇りや雨マークばかりで、週の半ばには雪が積もったこともあり、この日はご夫婦1組だけの参加となりました。

まずは、地元の「いけだ薪の会」の講師の方の指導のもと、薪割りに挑戦!

お二人とも初めての薪割りということでしたが、旦那さんの方は見事に斧を木の真ん中にジャストミートさせ、次々に薪を割っていました。

奥さんの方は少し腰が引けていましたが、それでも最後の方は何とか柔らかい杉は割れるようになっていました。

続いては、予め乾燥させておいた薪を使って、たき火の火起こしに挑戦。

小さな手斧で細い木っ端を作り、枯れた杉の葉などを着火剤代わりに使って、マッチから火を起こしました。

前日雨が降ったこともあり、薪も杉の葉も少し湿っていて、白い煙が上がるだけでなかなか炎が上がりませんでしたが、丁寧に風を送ること約15分。

見事大きな薪に火を起こすことに成功しました。(←意外と難しいです。)

たき火を囲んで暖を取った後、薪がある程度熾火(おきび)になったところで、いよいよお待ちかねのおやつ作りです。

本日のメニューは「安寧芋の焼き芋」、「焼きバナナ」、「焼きマシュマロ」、「フルーツグラタン」の4つで、これもお客様に手伝ってもらいながら一緒に手作りしました。

どれも甘くて美味しかったのですが、一番のヒットは「フルーツグラタン」で、プリンの素を使って簡単に熱々のフルーツ入り焼きプリンを作りました。

バナナはもちろんですが、イチゴも火を通すと甘みが増して、イチゴジャムみたいで美味しいんです。これを少し炙ったバゲットにつけて食べると、コーヒーのお供に最高です。

ちなみにメニューは季節によって変わります。

薪割り&たき火体験は冬季はお休みとなりますが、来年の春は何を作ろうか、今から楽しみです。

今年の秋は週末になると天気が崩れ、屋外のイベントが中止続きでしたが、11月最後の週にようやく「薪割り&たき火体験」を開催することができました。

しかし天気予報が曇りや雨マークばかりで、週の半ばには雪が積もったこともあり、この日はご夫婦1組だけの参加となりました。

まずは、地元の「いけだ薪の会」の講師の方の指導のもと、薪割りに挑戦!

お二人とも初めての薪割りということでしたが、旦那さんの方は見事に斧を木の真ん中にジャストミートさせ、次々に薪を割っていました。

奥さんの方は少し腰が引けていましたが、それでも最後の方は何とか柔らかい杉は割れるようになっていました。

続いては、予め乾燥させておいた薪を使って、たき火の火起こしに挑戦。

小さな手斧で細い木っ端を作り、枯れた杉の葉などを着火剤代わりに使って、マッチから火を起こしました。

前日雨が降ったこともあり、薪も杉の葉も少し湿っていて、白い煙が上がるだけでなかなか炎が上がりませんでしたが、丁寧に風を送ること約15分。

見事大きな薪に火を起こすことに成功しました。(←意外と難しいです。)

たき火を囲んで暖を取った後、薪がある程度熾火(おきび)になったところで、いよいよお待ちかねのおやつ作りです。

本日のメニューは「安寧芋の焼き芋」、「焼きバナナ」、「焼きマシュマロ」、「フルーツグラタン」の4つで、これもお客様に手伝ってもらいながら一緒に手作りしました。

どれも甘くて美味しかったのですが、一番のヒットは「フルーツグラタン」で、プリンの素を使って簡単に熱々のフルーツ入り焼きプリンを作りました。

バナナはもちろんですが、イチゴも火を通すと甘みが増して、イチゴジャムみたいで美味しいんです。これを少し炙ったバゲットにつけて食べると、コーヒーのお供に最高です。

ちなみにメニューは季節によって変わります。

薪割り&たき火体験は冬季はお休みとなりますが、来年の春は何を作ろうか、今から楽しみです。

TEL:0778-44-8060
FAX:0778-44-8041
〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷36−25−1
E-mail :
© copyright 2017 Ikeda Noson Kanko Kyokai. all rights reserved.
powered by cheltenham software