Top
メニュー
  • HOME
  • 新着情報
  • ご利用の流れ
  • 体験プログラム
  • ブログ
  • イベントカレンダー
  • アクセス
  • 会社概要
池田町農村体験プログラム - IKEDA farm village experience program !

Weblog

2019年3月16日(土)おしゃか団子作り

2019/3/16(土)

本日は、魚見(うおみ)の金山(かなやま)地区で「おしゃか団子作り」を行いました!

「おしゃか団子」とはお釈迦様が亡くなった日の法要「涅槃会(ねはんえ)」にお供えするお団子です。

魔除けや蛇除けのお守りとして、宗派を超えて地区の人たちに配られてきました。

少子高齢化などの影響で、各地でだんだん途絶えつつある伝統行事です。

教えてくれるのは、「おしゃか団子」を作り続けてきた山崎さんと、金山地区の皆さんです(^^)

おしゃか団子の材料はとてもシンプル!

カラフルなお団子は、野菜パウダーや抹茶で色付けします(^O^)

 

材料を混ぜたら水を適量入れ、耳たぶほどの硬さになるまでこねます。

作業もシンプルなため、お子さんも楽しんでできます♪

丸めたお団子はゆでて冷ました後、打ち粉をまぶします。

その間、参加者の皆さんには地元のこんにゃくや山菜を使った、おばちゃん達お手製の故郷料理を食べていただき、しばし歓談タイム(^^)

さて、お団子はというと…

こんなにきれいに仕上がっていました!(@o@)

出来上がったお団子はお釈迦様へお供えし、参加者全員でお参りをします。

最後は、お団子を一人ひとり袋に詰めて持ち帰っていただきました。

2〜3日の内に食べきってくださいね(^^)

(トースターやフライパンで軽くあぶったり、ちょっとお醤油を付けてもおいしいです!)

町外の方も交えた「おしゃか団子作り」は今回初の試みでしたが、

沢山のご応募、ご参加をいただき、とても賑やかな会となりました!

無病息災や厄除けなどの願いも込めて作られてきた「おしゃか団子」。

これからも、世代を越えて続いていってほしい伝統行事です。

 

本日は、魚見(うおみ)の金山(かなやま)地区で「おしゃか団子作り」を行いました!

「おしゃか団子」とはお釈迦様が亡くなった日の法要「涅槃会(ねはんえ)」にお供えするお団子です。

魔除けや蛇除けのお守りとして、宗派を超えて地区の人たちに配られてきました。

本日は、魚見(うおみ)の金山(かなやま)地区で「おしゃか団子作り」を行いました!

「おしゃか団子」とはお釈迦様が亡くなった日の法要「涅槃会(ねはんえ)」にお供えするお団子です。

魔除けや蛇除けのお守りとして、宗派を超えて地区の人たちに配られてきました。

少子高齢化などの影響で、各地でだんだん途絶えつつある伝統行事です。

教えてくれるのは、「おしゃか団子」を作り続けてきた山崎さんと、金山地区の皆さんです(^^)

おしゃか団子の材料はとてもシンプル!

カラフルなお団子は、野菜パウダーや抹茶で色付けします(^O^)

 

材料を混ぜたら水を適量入れ、耳たぶほどの硬さになるまでこねます。

作業もシンプルなため、お子さんも楽しんでできます♪

丸めたお団子はゆでて冷ました後、打ち粉をまぶします。

その間、参加者の皆さんには地元のこんにゃくや山菜を使った、おばちゃん達お手製の故郷料理を食べていただき、しばし歓談タイム(^^)

さて、お団子はというと…

こんなにきれいに仕上がっていました!(@o@)

出来上がったお団子はお釈迦様へお供えし、参加者全員でお参りをします。

最後は、お団子を一人ひとり袋に詰めて持ち帰っていただきました。

2〜3日の内に食べきってくださいね(^^)

(トースターやフライパンで軽くあぶったり、ちょっとお醤油を付けてもおいしいです!)

町外の方も交えた「おしゃか団子作り」は今回初の試みでしたが、

沢山のご応募、ご参加をいただき、とても賑やかな会となりました!

無病息災や厄除けなどの願いも込めて作られてきた「おしゃか団子」。

これからも、世代を越えて続いていってほしい伝統行事です。

TEL:0778-44-8060
FAX:0778-44-8041
〒910-2512 福井県今立郡池田町稲荷36−25−1
E-mail :
© copyright 2019 Ikeda Noson Kanko Kyokai. all rights reserved.
powered by cheltenham software